トレイルランナーズ大阪公式サイト はじめてのトレイルラン講座

トレイルランナーズ大阪は関西を中心にトレイルランニングツアー、運動初心者向けランニング練習会を通年開催!トレランを始めるにあたっての服装や装備、山でのマナーから、トレイルランの登りと下りの基本まで学べます。ぜひ体験ご参加ください。Our TrailRunners Osaka are challenging group running events that take participants to a whole new level from beginners to experience runners. TEL 050-3633-6110 info@trailrunrun.com

おすすめランニング本

『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監 Vol.137

投稿日:2018年1月23日 更新日:

【4週間で猫背を治す!】
『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監修 Vol.137
『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監修 Vol.137
 
皆さんは、寝転んだ状態から楽にブリッジできますか?
 
会社ではデスクワークに移動中はスマホ、最近は大人だけでなく中学、高校生まで猫背の人が多い。僕の練習会ではまず「姿勢チェック」から始まりますが、姿勢の悪さで腰痛に悩まされる人もいれば、姿勢が改善されたことで大きくパフォーマンスを上げた人も見てきました。
 
本日ご紹介するのは、ストレッチの中でも「猫背解消」に特化した一冊。著者のZEROGYM/ゼロジムを運営する親会社は、クロスメディアグループ。そう、本書の発行元です(笑)
 
自社ジム紹介の本を、自社出版社から出版…
 
宣伝色が強いのではと始めは気になりましたが、思いのほか宣伝色は控えめで、中身も具体的で参考になります。こうした読者に役立つ情報を提供しつつ、さりげなく自社サービスの宣伝をするという方法は、今のSNS隆盛の時代に合っていますね。
 
本書の中身の8割がストレッチ写真入り付きメニュー紹介で実際に手に取って見ていただきたいのですが、一部をチェックしてみましょう。
 
▼本書より
猫背は、呼吸を浅くする。
 
猫背とは、「体がゆがみ、本来のパフォーマンスを発揮できなくなっている状態」。
 
姿勢を正して「ツラい」と感じてしまうのは、すでにあなたの体がゆがんでいるから。
 
横隔膜は息を吐き切るときに働く「呼息筋」、脊柱起立筋は収縮することで胸郭を広げ、多量の空気を取り込む「吸息筋」として機能する。
 
姿勢がゆがむと、
 
・肩こり、腰痛
・代謝が落ち、太りやすくなる
・集中力が低下する
・疲れやすくなる
・冷え性、肌荒れ、顔のたるみ
・やる気や自信の喪失
 
猫背でいると、呼吸が浅く、そして速くなってしなうため、じつは空気を吸えていないのだ。
 
足を組みたくなるのは、バランスが崩れている証拠。
 
▲ここまで
 
「座り方改善」から「立ち方改善」まで4週間で姿勢を矯正し、仕事やスポーツで最高のパフォーマンスを発揮するための方法が紹介されています。「筋トレの要素はあまり含まない」とありますが、初心者にはややキツいメニューもあります。
 
トレーニングメニューには「ラクダ」に「イルカ」、「ゴジラ」などヨガに似たストレッチや表現が目立つなと思いましたが、ZEROGYMの公式サイトから講師陣のプロフィールを見ると、講師全員が女性でヨガインストラクター。納得。
 

特に登山やトレイルランニングに親しまれている方は、猫背か猫背でないかは重要です。猫背でいると、上り坂では呼吸がより浅く、空気を上手く肺に取り込めず、結果「上り坂は息苦しい(上りは苦手)」となります。

 
昔から頭が不自然に前に突き出て、骨盤は後傾。肩は内側に入って胸郭が潰れている。
 
姿勢が悪いことでかなりランで損をしていませんか?
 
日ごろ思い当たる方や周囲から猫背を指摘されたことのある方は、まずは4週間チャレンジしてみてはいかがでしょうか。一度チェックしてみてください。
 
【4週間で猫背を治す!】
『超「姿勢」力』ZEROGYM・著 重森健太・監 Vol.137







-おすすめランニング本

執筆者:

関連記事

『サバイバルボディー』スコット・カーニー・著 Vol.161

【 上半身裸に短パン姿の軽装で、キリマンジャロに登頂できた秘訣とは?】 『サバイバルボディー』スコット・カーニー・著 Vol.161 今日ご紹介するのは、先日ご紹介した”アイスマン”ことヴィム・ホフが …

『一流のコンディション』トレイシー・マン・著 佐伯葉子・訳 Vol.141

【ダイエット、減量をやめればパフォーマンスが上がる?】 『一流のコンディション』トレイシー・マン・著 佐伯葉子・訳 Vol.141   集中力、記憶力、思考力、ストレス耐性…ダイエットをやめればパフォ …

「シンスプリント(脛骨過労骨膜炎)」トレイルランのケガや故障を知ろう! Vol.016

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 ランナーの代表的なランニング障害が、「シンスプリント(脛骨過労骨膜炎)」。アメブロからジョグノート、これまでに何千人ものランナーのブログを見てきた中で、およそ月間 …

『可動域を広げパフォーマンスを上げる 新しいストレッチの教科書』森本貴義、阿部勝彦・共著 Vol.162

【足首や股関節まわりが固い人は必読】『可動域を広げパフォーマンスを上げる 新しいストレッチの教科書』森本貴義、阿部勝彦・共著 Vol.162 ランニング本において「ストレッチ」は、いつの時代も関心の高 …

『栄養学知ってるつもり!?NUMBER DO PLUS(ナンバードゥ・プラス)2016年7月号』Vol.094

【グルテンフリーは効果あるの?ないの? 】 『NUMBER DO PLUS(ナンバードゥ・プラス)2016年7月号』Vol.094 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 本日の一冊は、『栄養学知ってる …

3,368人がいいね!公式Facebookページ

“キャプテン”安藤大(あんどう ひろし)
トレイルランナーズ大阪代表
米国UESCA認定ウルトラランニングコーチ
ランニング歴25年以上
トレイルランニング歴15年以上
コーチ指導歴12年以上

日本では数少ないマラソンとトレイルランニングの両面を指導できるランニングコーチ。大阪府出身。2012年に起業、実践と科学的知見に基づいた指導は「具体的でわかりやすい」と初心者の指導に定評がある。歯に衣を着せぬストレートな物言いが評判。

自身も現役のランナーで過去15年間で100大会以上に出場をし、ランニングを通じて日本中・世界中を飛び回るという「夢」を実現し、28か国30地域のレースに出場。

2012年から『はじめてのトレイルラン』教室を開講し、1万人超が体験する人気に。山でのマナーや安全な走り方の啓蒙活動にも注力し、グループで走る楽しさを伝え続けている。

取材やイベント参加、個別ランニング指導のお問い合わせは…
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)

Verified by MonsterInsights