おすすめランニング本

『極限力~山岳ランニング16人のトップアスリートが見出した”限界の突破口”』Vol.158

投稿日:2018-10-11 更新日:

【トレイルランニングトップアスリートの思考に迫る!】

本日の一冊は、『極限力』。国内外のトップアスリート16人の思考がわかるドキュメント・レポート。

インタビュー形式のレポートが中心のためその内容紹介は控えますが一部、

<「「トップと何分差ですか?3分!」エイドステーションのスタッフにタイムを確認した鏑木は、給水することなく猛追を開始する。」>

日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)で鏑木毅さん、時間ロスを惜しんで、月夜見で給水せずにそのまま走り続けたエピソード…総距離71km。累積標高差4582m、レース中唯一のエイドステーションで水を補給しない、ちょっと一般的には考えられません。

スポーツは、成功からも失敗からも学ぶことがありますが、その両方を学ぶとよいです。走力こそ違えど、読者はここから多くを学べるはずです。

ぜひ読んでみてください。

【トレイルランニングトップアスリートの思考に迫る!】

限界とは、いったいなんなのだろうか。
実際に限界を超えた体験をしたことがある人は、そもそもどれほどいるのだろうか。
多くの人はむしろ、自分で限界というラインを引いているのかもしれない。これはスポーツに限ったことではない。
ビジネスや日常生活のあらゆるシーンに応用できる力、限界の向こう側、極限の世界へと誘う“極限力”ともいうべき未知の能力。“極限力”とは、本来だれもが持っている秘められた能力なのかもしれない。だが、その力を体得・体感・実践すること自体がとても難しい……。

【コンテンツ】

極限の世界
山本健一 〝睡魔〞という魔物
上田瑠偉 限界の〝向こう側〞
横山峰弘 〝時間〞という壁を越えて
松本 大 青空へと続く扉の 〝カギ〞
大瀬和文 名もなき草に輝きを放つ〝雑草魂
吉住友里 限界を知らぬパワーの〝源〞
望月将悟 すべては〝自分〞のために
宮原 徹 突破すべき〝最大の壁〞
渡邊千春 やることはただ〝一つ〞だけ
小野雅弘 願わくは、〝七難八苦〞を
丹羽 薫 もう一つの走る〝理由〞
井原知一 見たことのない〝景色〞へ
松永紘明 這い上がり続ける〝不撓不屈〞のスピリット
渡部春雅 厳しいほどに〝楽しむ〞思い
奥宮俊祐 未見の力が引き出す〝魂〞の走り
石川弘樹 〝その先〞にある未知の世界
付録
日本アウトドア・ランニング ショートヒストリー
日本アウトドア・ランニング 主要トピックス年表
余禄
Don’t think, feel.―右脳で走れ―







-おすすめランニング本

執筆者:

関連記事

世界陸上2015北京はどうなる?『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著 Vol.022

【人類史上最速の男、初の自伝!】 『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 本日の一冊は、100m、200m、4×100mリレーの世界記録保持者、ウサイン・ボ …

『アドベンチャーレースに生きる!』田中正人・著、田中陽希・著 Vol.124

【アドベンチャーレースから学ぶチームの役割とは?】 『アドベンチャーレースに生きる!』田中正人・著、田中陽希・著 Vol.124   皆さまは、「日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)」の第一 …

『トレイルランニング・マガジン 2016』ベースボールマガジン社 Vol.080

【トレイルランニングは地域活性化に役立つのか?】 『トレイルランニング・マガジン 2016』ベースボールマガジン社 こんにちは。 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 『トレイルランニング・マガジン …

『ギャロウェイのランニングブック』ジェフ・ギャロウェイ・著 Vol.024

【全米ベストセラーのランナーのバイブルが待望の日本語訳化!】 『ギャロウェイのランニングブック』ジェフ・ギャロウェイ・著 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 マラソンは18歳での初優勝から48歳まで …

『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132

【見せかけの筋肉にさよなら!自重力トレーニングのバイブル】 『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132 こんにちは。 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 本日ご紹介するのは、『 …

3,100人がいいね!公式Facebookページ


安藤大(HIROSHI ANDO):マラソン・トレイルランニングコーチ。大阪府生まれ。身長183cm、体脂肪率8%。「膝痛の撲滅、けがの軽減に貢献したい」という思いから、初心者から経験者までランナーを800時間、400人以上を個別指導。初マラソン完走者や自己記録更新者を数多く排出。

ランニング歴は20年を超え、英語を話し、トレイルレース戦績は28か国・33か所で45戦。メディア取材歴も多数、2012年より関西でロングラン開催中の『はじめてのトレイルラン』ツアーは人気で5,000人以上が参加。夢はランニングを通じて国内・世界中を飛び回ることと一緒に走ることの楽しさを伝えていくこと。

SAQレベル1インストラクター|山岳共済会会員|日本赤十字救急法救急員|上級救命講習取得|応急手当普及員|国際的野外・災害救急法(WFA)|水上安全救急法(Water Rescue for the First Responder )

お問い合わせ
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)