トレイルランナーズ大阪公式サイト はじめてのトレイルラン講座

トレイルランナーズ大阪は関西を中心にトレイルランニングツアー、運動初心者向けランニング練習会を通年開催!トレランを始めるにあたっての服装や装備、山でのマナーから、トレイルランの登りと下りの基本まで学べます。ぜひ体験ご参加ください。Our TrailRunners Osaka are challenging group running events that take participants to a whole new level from beginners to experience runners. TEL 050-3633-6110 info@trailrunrun.com

おすすめランニング本

 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154

投稿日:2018年8月28日 更新日:

【子どものために読みたい、中学・高校の子どもがかけっこで一番になる方法】
 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154
 
本日の一冊は、中学生、高校生の子どもを持つお父さん、お母さんが「子どを速くしたい」と思ったときに読む本です。
 
著者は、僕も所属する日本SAQ協会のレベル3マスターコーチ、平岩時雄 (ひらいわときお)さんです。 コーチのコーチ、SAQの試験監督も務められている方です。^^;A
 
SAQとは、「スピード、アジリティ、クイックネス」の3要素のことを指します。
 
「トントン」という弾む感覚をつかんでもらう練習は、僕自身も練習会の中で取り入れていますが、みんな首を傾げてなかなか感覚をつかめない人が多い。本書で、「5人に1人ぐらいの確率で、何となくつかむ人が現れる」と書かれてあり、「少ないのだ」と知ってほっとしました。
 
タイトルの”99%の人が~”は、主には陸上や野球、サッカーなど短距離における”走り”についてですが、もちろん長距離走マラソンの走りの参考にもなります。
 
子どもさんがバスケやテニス、サッカーなどを親しまれている場合は、ぜひ読んでみてください。
 
▼本書より
概ね高校生以上の人を対象として、50m走が速くなることを想定しています。
 
打ってからボールの行方を確認する必要はありません。早く走り出しましょう。
 
まっすぐな姿勢が健全な身体を作る。
 
走り方には2つのタイプがあります。1つは押し出してスピードを上げる方法。これは教えられなくても誰でもできます。もう1つが、トントンと減速をできるだけなくす走り方です。これが特別な人以外ほとんどの人は出来ません。
 
「速く走れ! 」だけでは、誰も速くなりませんし、筋肉を鍛えても速く走れない。
 
坂ダッシュでは、どのような走り方が悪いかというと、ヒザが極端に外側に開いて、シューズの外側ばかりを使う走り方です。
 
「力を強く伝える」時にはダッシュは有効ですが、「瞬時に伝える」時には、逆に不要となります。
 
坂ダッシュの動き方だけだと、走るのは遅くなります。坂の傾斜角度、距離を選ぶときにはどうしたいか、が問われます。
 
トントン、は足音のイメージ。
ほとんどは、ザッザッ、ダンダン、あるいは、あまり音がしません。
トントン、のほかにテンテン、という音のイメージです。
 
よくあるうまくいかない集
・ヒザが少しつぶれて跳ねる感じが出ない
・つま先の方向がぶれる
・肩や顔が力んで、上半身がリラックスしていない
・足裏の真ん中より後ろで跳ねてしまい、べた足になっている
・芝生やマットなど柔らかい場所でやっている
・シューズが大きい、あるいはゆるい
80%から95%くらいの人は、この中のどれかだと思います。
 
前に進もう、という意識が「地面を蹴る」という動きに結びついてしまいます。走るのが上手でない人にとって、もっと地面を蹴ろうとする努力は、マイナスに働きます。
 
跳ねているマッチ棒は、途中で折れたりしません。地面に対して垂直に跳ねていきます。跳ねているマッチ棒=身体全体です。
 
ヒザは前に、かつ上に上がっていますし、脚は身体の後ろで回転しては都合が悪いのです。だから現象としては、脚は上がるべきだし、ヒザは前に出ないとダメです。
 
あなたのヒザは、トン!と離れたら勝手に前にあるだけです。これで股関節は働いています。
 
バウンシング、跳ねるような走り方をマスターすると、明らかにスピードがつきます。もっとはっきり言うと、スタートからグーンと加速(スピードを上げる)して、加速の後は減速をほとんどしないまま走ることができます。
 
減速しないから、速いのです。
 
覚えるという作業の中には、「イエス(わかってきた)」、「ノー(できない)」のほかに、「はてな?(わからない)」というグレーゾーンが存在します。
 
リズミカルなランニングは、何もない場所を直線で走っても、なかなか作りにくい。
▲ここまで
 
【子どものために読みたい、中学・高校の子どもがかけっこで一番になる方法】
 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154







-おすすめランニング本

執筆者:

関連記事

『鏑木毅トレイルランニングトレーニングBOOK』鏑木毅・監修 Vol.025

【トレイルレースを走り切るコツから、順位を上げるノウハウまで】 『鏑木毅トレイルランニングトレーニングBOOK』鏑木毅・監修 本日の一冊は、トレイルランナー鏑木毅さんによる最新刊。 さっそく、紹介され …

『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』津田誠一・著 Vol.56

【最強の市民ランナー、川内優輝の練習の秘訣】 『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』津田誠一・著 Vol.56 こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 昨日、12月6日は福岡国際マラソンでし …

『プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術』鏑木毅・著 Vol.147

【トレイルのロングレースを完走するための考え方】 『プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術』鏑木毅・著 Vol.147 本日の一冊は、ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)の大会実行委員長で、 …

女子が求める『進化系!筋肉男子の栄養学』竹並恵里・著 Vol.084

【女子が求めるからだづくり】 女子が求める『進化系!筋肉男子の栄養学』竹並恵里・著 Vol.084 多くの人が「健康のため」の目的からウォーキングやジョギングを始めています。 適度な運動は身体に良いで …

『大転子ウォーキング』みやすのんき・著 Vol.120

【実はその歩き方は勘違い?正しい歩き方の教科書】 『大転子ウォーキング』みやすのんき・著 Vol.120 あっという間にスタスタと登っていく年配登山者の方を目にして驚いたことがある。 急な上り坂で歩く …

3,368人がいいね!公式Facebookページ

“キャプテン”安藤大(あんどう ひろし)
トレイルランナーズ大阪代表
米国UESCA認定ウルトラランニングコーチ
ランニング歴25年以上
トレイルランニング歴15年以上
コーチ指導歴12年以上

日本では数少ないマラソンとトレイルランニングの両面を指導できるランニングコーチ。大阪府出身。2012年に起業、実践と科学的知見に基づいた指導は「具体的でわかりやすい」と初心者の指導に定評がある。歯に衣を着せぬストレートな物言いが評判。

自身も現役のランナーで過去15年間で100大会以上に出場をし、ランニングを通じて日本中・世界中を飛び回るという「夢」を実現し、28か国30地域のレースに出場。

2012年から『はじめてのトレイルラン』教室を開講し、1万人超が体験する人気に。山でのマナーや安全な走り方の啓蒙活動にも注力し、グループで走る楽しさを伝え続けている。

取材やイベント参加、個別ランニング指導のお問い合わせは…
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)

Verified by MonsterInsights