おすすめランニング本

 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154

投稿日:2018-08-28 更新日:

【子どものために読みたい、中学・高校の子どもがかけっこで一番になる方法】
 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154
 
本日の一冊は、中学生、高校生の子どもを持つお父さん、お母さんが「子どを速くしたい」と思ったときに読む本です。
 
著者は、僕も所属する日本SAQ協会のレベル3マスターコーチ、平岩時雄 (ひらいわときお)さんです。 コーチのコーチ、SAQの試験監督も務められている方です。^^;A
 
SAQとは、「スピード、アジリティ、クイックネス」の3要素のことを指します。
 
「トントン」という弾む感覚をつかんでもらう練習は、僕自身も練習会の中で取り入れていますが、みんな首を傾げてなかなか感覚をつかめない人が多い。本書で、「5人に1人ぐらいの確率で、何となくつかむ人が現れる」と書かれてあり、「少ないのだ」と知ってほっとしました。
 
タイトルの”99%の人が~”は、主には陸上や野球、サッカーなど短距離における”走り”についてですが、もちろん長距離走マラソンの走りの参考にもなります。
 
子どもさんがバスケやテニス、サッカーなどを親しまれている場合は、ぜひ読んでみてください。
 
▼本書より
概ね高校生以上の人を対象として、50m走が速くなることを想定しています。
 
打ってからボールの行方を確認する必要はありません。早く走り出しましょう。
 
まっすぐな姿勢が健全な身体を作る。
 
走り方には2つのタイプがあります。1つは押し出してスピードを上げる方法。これは教えられなくても誰でもできます。もう1つが、トントンと減速をできるだけなくす走り方です。これが特別な人以外ほとんどの人は出来ません。
 
「速く走れ! 」だけでは、誰も速くなりませんし、筋肉を鍛えても速く走れない。
 
坂ダッシュでは、どのような走り方が悪いかというと、ヒザが極端に外側に開いて、シューズの外側ばかりを使う走り方です。
 
「力を強く伝える」時にはダッシュは有効ですが、「瞬時に伝える」時には、逆に不要となります。
 
坂ダッシュの動き方だけだと、走るのは遅くなります。坂の傾斜角度、距離を選ぶときにはどうしたいか、が問われます。
 
トントン、は足音のイメージ。
ほとんどは、ザッザッ、ダンダン、あるいは、あまり音がしません。
トントン、のほかにテンテン、という音のイメージです。
 
よくあるうまくいかない集
・ヒザが少しつぶれて跳ねる感じが出ない
・つま先の方向がぶれる
・肩や顔が力んで、上半身がリラックスしていない
・足裏の真ん中より後ろで跳ねてしまい、べた足になっている
・芝生やマットなど柔らかい場所でやっている
・シューズが大きい、あるいはゆるい
80%から95%くらいの人は、この中のどれかだと思います。
 
前に進もう、という意識が「地面を蹴る」という動きに結びついてしまいます。走るのが上手でない人にとって、もっと地面を蹴ろうとする努力は、マイナスに働きます。
 
跳ねているマッチ棒は、途中で折れたりしません。地面に対して垂直に跳ねていきます。跳ねているマッチ棒=身体全体です。
 
ヒザは前に、かつ上に上がっていますし、脚は身体の後ろで回転しては都合が悪いのです。だから現象としては、脚は上がるべきだし、ヒザは前に出ないとダメです。
 
あなたのヒザは、トン!と離れたら勝手に前にあるだけです。これで股関節は働いています。
 
バウンシング、跳ねるような走り方をマスターすると、明らかにスピードがつきます。もっとはっきり言うと、スタートからグーンと加速(スピードを上げる)して、加速の後は減速をほとんどしないまま走ることができます。
 
減速しないから、速いのです。
 
覚えるという作業の中には、「イエス(わかってきた)」、「ノー(できない)」のほかに、「はてな?(わからない)」というグレーゾーンが存在します。
 
リズミカルなランニングは、何もない場所を直線で走っても、なかなか作りにくい。
▲ここまで
 
【子どものために読みたい、中学・高校の子どもがかけっこで一番になる方法】
 『99%の人が速くなる走り方』平岩時雄・著 Vol.154







-おすすめランニング本

執筆者:

関連記事

『コアパフォーマンス・トレーニング』マーク・バーステーゲン Vol.089

【バランスボール、ダンベルトレーニングの名著!】 『コアパフォーマンス・トレーニング』マーク・バーステーゲン Vol.089 プランクなどのコアトレーニングの継続により、長距離レースの後半やトレイルで …

『そのオリーブオイルは偽物です』多田俊哉・著 Vol.155

【あなたの家のオリーブオイルは「本物」ですか?】 『そのオリーブオイルは偽物です』多田俊哉・著 Vol.155 本日ご紹介する一冊は、「オリーブオイルビジネスの裏側」。日ごろ家でオリーブオイルを愛用さ …

『病気にならない体のつくりかた』アイスマン(ヴィム・ホフ)著、訳・小川彩子 Vol.160

【自律神経は自由自在にコントロールできる?】 『病気にならない体のつくりかた』アイスマン(ヴィム・ホフ)著、訳・小川彩子 Vol.160 もし「自律神経系」を自分でコントロールできるとしたらいろいろと …

『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』津田誠一・著 Vol.56

【最強の市民ランナー、川内優輝の練習の秘訣】 『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』津田誠一・著 Vol.56 こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 昨日、12月6日は福岡国際マラソンでし …

『ゴールへ駆けたガキ大将 女子マラソンに賭けた夢』小出義雄・著 Vol.073

【高橋尚子選手がなぜ「Qちゃん」と呼ばれるのか?】 『ゴールへ駆けたガキ大将 女子マラソンに賭けた夢』小出義雄・著 Vol.073 われわれ一般市民ランナーと違って、驚くほど短命でキャリアの終焉を迎え …

3,100人がいいね!公式Facebookページ


安藤大(HIROSHI ANDO):マラソン・トレイルランニングコーチ。大阪府生まれ。身長183cm、体脂肪率8%。「膝痛の撲滅、けがの軽減に貢献したい」という思いから、初心者から経験者までランナーを800時間、400人以上を個別指導。初マラソン完走者や自己記録更新者を数多く排出。

ランニング歴は20年を超え、英語を話し、トレイルレース戦績は28か国・33か所で45戦。メディア取材歴も多数、2012年より関西でロングラン開催中の『はじめてのトレイルラン』ツアーは人気で5,000人以上が参加。夢はランニングを通じて国内・世界中を飛び回ることと一緒に走ることの楽しさを伝えていくこと。

SAQレベル1インストラクター|山岳共済会会員|日本赤十字救急法救急員|上級救命講習取得|応急手当普及員|国際的野外・災害救急法(WFA)|水上安全救急法(Water Rescue for the First Responder )

お問い合わせ
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)