トレイルランナーズ大阪公式サイト はじめてのトレイルラン講座

トレイルランナーズ大阪は関西を中心にトレイルランニングツアー、運動初心者向けランニング練習会を通年開催!トレランを始めるにあたっての服装や装備、山でのマナーから、トレイルランの登りと下りの基本まで学べます。ぜひ体験ご参加ください。Our TrailRunners Osaka are challenging group running events that take participants to a whole new level from beginners to experience runners. TEL 050-3633-6110 info@trailrunrun.com

おすすめランニング本

47都道府県のマラソン大会で入賞『マラソンに賭けた半生』レビュー 君野弘明・著 Vol.49

投稿日:2015年11月2日 更新日:

【47都道府県のマラソン大会入賞、マラソンに人生を捧げた男の半生】
『マラソンに賭けた半生』レビュー 君野弘明・著 Vol.49 

『マラソンに賭けた半生』レビュー 君野弘明・著

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。

先日ご紹介した、『世界マラソン制覇に挑む』に続いて、またロードムービーのようなマラソンエッセイ集が登場です。

参考:『世界マラソン制覇に挑む~40年間走り続けた私の人生観』新井田晃・著

著者は鳥取在住の一般企業に務めるサラリーマン。40歳から健康のために走りはじめ、マラソンが趣味となる。ランニングと仕事の両立に悩みながらも、数々の市民マラソンに出場する。現在は定年退職を、82歳。そのマラソン半生を振り返るという内容です。

僕は知らなかったのですが、著者の君野弘明 氏という方は、知る人ぞ知る、伝説のランナーのようです。47都道府県のマラソン大会に出場したランナーの方はいると思いますが、著者は47都道府県すべてで入賞し、うち44都道府県で優勝という偉大な記録を残しています。40歳で走りはじめたその歳にハーフマラソン(20キロ)で1時間8分26秒や、50歳代でマラソン200勝の目標。49歳の一年をトレーニングに費やした。 」という本文内の記述からも、この方のすごさがうかがい知れます。

日本でマラソンブームが始まる昭和49年より前から走りはじめ、 アベベ選手と円谷選手の激走を生で目にしたり、いち早くインターバル走を練習に取り入れてみたり、日本のマラソン史の生き証人とも言えるでしょう。

早速、本書の中で気になった言葉をみてみましょう。

▼ ここより

朝ゆっくり走っていると、速足で学校に向かっている中学生が「おはよー」と笑いながら私を追い越していってしまうが、毎日5キロ走る。これは誰にでも当てはまるものではなく、人それぞれに違った行いがあると思う。

私は40歳以降の人生を走ることに決め、走ることが生活そのものであった。

ランニングと生活、そして仕事の矛盾を抱えながら、走ることを取り入れた。

私は走り出してからは仕事など前向きに発想できるようになった。くよくよしないようになった。なぜかわからないが毎日前向きに生きていける気持ちがはっきりと現れてきた。

市民ランナーには、市民ランナーにしかわからない苦しさと楽しさがある。

私の調整方法は、練習で走るのは正味週4日程度であるが、そのかわりレースでは全力を尽くすことを心がけているつもりである。

マラソンには意外性がない。自分自身を鍛えれば鍛えるほど、成績は上がっていく。

▲ ここまで

市民マラソンに半生を捧げてきた著者の言葉、「マラソンも人間の一生も同じである。たゆまぬ努力だけが、最後の勝利をもたらすのです。 」が胸に刺さりました。

40歳代、50歳代ランナーの方、あるいは著者と境遇が被るランナーの方には、共感できる内容だと思います。文庫サイズで通勤途中でも読みやすく、ぜひチェックしてみてください。

【47都道府県のマラソン大会入賞、マラソンに人生を捧げた男の半生】
『マラソンに賭けた半生』レビュー 君野弘明・著 Vol.49 







-おすすめランニング本

執筆者:


comment

関連記事

『はたらく人のコンディショニング事典』岩崎一郎、渡辺卓・監修 Vol.054

【「運動」、「食事」、「睡眠」の改善!】 『はたらく人のコンディショニング事典』岩崎一郎、渡辺卓、松村和夏・監修 Vol.054 今よりも強い身体、脳、心を得るためには? こんにちは。トレイルランナー …

『グレートトラバース2 日本二百名山ひと筆書き』田中陽希・著 Vol.095

【222日間で総距離8000km以上、累積標高差110,000mもの旅】 『グレートトラバース2 日本二百名山ひと筆書き』田中陽希・著 Vol.095 本日はファン待望の第二弾『グレートトラバース2 …

『新版乳酸を活かしたスポーツトレーニング』八田秀雄・著 Vol.045

【「疲労」=「乳酸」は間違い?】 『新版乳酸を活かしたスポーツトレーニング』八田秀雄・著 Vol.045 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 乳酸というとご存じの方でも、酸素が足りないことでできた疲 …

『ナチュラル・ボーン・ヒーローズ―人類が失った”野生”のスキルをめぐる冒険』クリストファー・マクドゥーガル・著 Vol.037

 【あの『Born To Run 走るために生まれた』の著者、6年ぶりの新作‼︎】 『ナチュラル・ボーン・ヒーローズ―人類が失った”野生”のスキルをめぐる冒険』クリストファー・マクドゥーガル・著 トレ …

『トレイルトリップガイドブック』石川弘樹・著 vol.101

【ウルトラハイク、ファストパッキングの入門書!】 『トレイルトリップガイドブック』石川弘樹・著 vol.101 本日の一冊は、日本に欧米スタイルのアウトドアスポーツとしてのトレイルランの楽しみ方を持ち …

3,368人がいいね!公式Facebookページ

“キャプテン”安藤大(あんどう ひろし)
トレイルランナーズ大阪代表
米国UESCA認定ウルトラランニングコーチ
ランニング歴25年以上
トレイルランニング歴15年以上
コーチ指導歴12年以上

日本では数少ないマラソンとトレイルランニングの両面を指導できるランニングコーチ。大阪府出身。2012年に起業、実践と科学的知見に基づいた指導は「具体的でわかりやすい」と初心者の指導に定評がある。歯に衣を着せぬストレートな物言いが評判。

自身も現役のランナーで過去15年間で100大会以上に出場をし、ランニングを通じて日本中・世界中を飛び回るという「夢」を実現し、28か国30地域のレースに出場。

2012年から『はじめてのトレイルラン』教室を開講し、1万人超が体験する人気に。山でのマナーや安全な走り方の啓蒙活動にも注力し、グループで走る楽しさを伝え続けている。

取材やイベント参加、個別ランニング指導のお問い合わせは…
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)

Verified by MonsterInsights