トレイルランナーズ大阪公式サイト はじめてのトレイルラン講座

トレイルランナーズ大阪は関西を中心にトレイルランニングツアー、運動初心者向けランニング練習会を通年開催!トレランを始めるにあたっての服装や装備、山でのマナーから、トレイルランの登りと下りの基本まで学べます。ぜひ体験ご参加ください。Our TrailRunners Osaka are challenging group running events that take participants to a whole new level from beginners to experience runners. TEL 050-3633-6110 info@trailrunrun.com

おすすめランニング本

世界陸上2015北京はどうなる?『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著 Vol.022

投稿日:2015年5月29日 更新日:

【人類史上最速の男、初の自伝!】
『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著

世界陸上北京『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。

本日の一冊は、100m、200m、4×100mリレーの世界記録保持者、ウサイン・ボルトが2014年6月に著した唯一の自伝で、今回初めて邦訳されたものです。

父は地元のコーヒー会社のマネージャーで、礼儀正しさに厳しい家庭で育ち、幼くしてその頭角を現したボルトの、幼少期から少年期、ジュニアで鮮烈デビューにいたるまでの激動の人生がコンパクトにまとめられています。

偉業を成し遂げた人物には必ずつきまとうことですが、ボルトもまた、ボルトのことを妬む人々からの圧力や誹謗・中傷、金メダルや世界記録更新を期待されるプレッシャーを乗り越えなくてはいけませんでした。

「ところで、ウサイン、君は突然、頭角を現してきた(パフォーマンス向上薬か、ステロイドを使っているのではないか)」ボルトに遠回しに質問を浴びせたジャーナリストに対し冷静に返答した場面や、死ぬ一歩手前だった二度にわたる交通事故など、実じつにさまざまな障害があったようですが、ボルトはそれらをものともせず、あくまで自分の信念を貫き通しました。

読者は、ボルトの競技に臨む姿勢やそこで犯した失敗、困難やプレッシャーに遭遇した際の考え方から、多くを学ぶに違いありません。

ボルトのファンやその素顔に興味のある方はもちろん、レースでいつも緊張してしまうという方には、ぜひ読んでいただきたい、そんな一冊です。

8月22日に開幕する世界陸上2015北京では、ボルトは再び金メダルを手にするのでしょうか?本人はそんな期待に臆することもなく、「より速く」を目指して、手にするのでしょうね。

『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著

◆本書より

俺は倒産から身体的な素質を受け継ぎ(父さんは180cmあるし、体型は同じようにスリムだ)、母さんは俺が必要とした他の才能をすべて与えてくれた。

滑走路は、俺の到着を待つ何千もの人でごった返していた。ファンは、国旗や横断幕を持ってそれを振りながら、ジャンプしていた。なんとそこには首相までいて、俺と握手するために待っていた。国際線の滑走路に入るのは違法だと聞いていたが、ジャマイカではそんな法律は往々にして無視されるのだった。

君はもう単なるウサインじゃないんだ。君はいつでもウサイン・ボルトというブランドであり、ビジネスそのものなんだ。おれは毎日その言葉を噛みしめていたが、それを受け入れることは、俺がこれまでの人生で楽しんできたいくつかのものに別れを告げなければならないことを意味していた。

「おまえの調子が悪いときのことは心配していないんだ」とコーチは話しだした。「調子がいいときの方が心配なんだ。どんどんテストステロンが分泌される。限界を超えてね。そうなるとおまえがトラブルを起こす危険が増すんだよ」

誰よりも足が速いことを当たり前のようにとらえていた。しかし、自己の後ではとても同じようには考えられなくなった。

事故で突然与えられたものが何かを理解し、それを最大限まで究めたいと思うようになった。俺はさらに速く走りたいと願うようになったのだ。

『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著







-おすすめランニング本

執筆者:


comment

関連記事

【必読】ランナーのバイブル『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』ジャック・ダニエルズ・著 Vol.079

【必読!世界ナンバー1ランニングコーチが教える】 『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』(ジャック・ダニエルズ・著)Vol.079 こんにちは。トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 全世界のランナー …

『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132

【見せかけの筋肉にさよなら!自重力トレーニングのバイブル】 『プリズナー・トレーニング』ポール・ウェイド・著 Vol.132 こんにちは。 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 本日ご紹介するのは、『 …

『ウルトラマラソン僕らの時代』関家良一、工藤真実、稲垣寿美恵、大滝雅之対談 Vol.030

【日本を代表する24時間走ランナーの対談!】 『ウルトラマラソン僕らの時代』 トレイルランナーズ大阪の安藤大です。 今日は、初めてのKindle本をご紹介します。 私も数年前から、Kindleなどの電 …

『自宅でできるライザップ 運動編』RIZAP公式本 Vol.097

【ライザップのトレーニング内容・ノウハウがついに公開!】 『自宅でできるライザップ 運動編』RIZAP公式本 Vol.096 「結果にコミットする」 独自のキャッチコピーに「最低35万円から」という高 …

『勝ち続ける意志力』梅原大吾・著 Vol.100

【世界一のプロ・ゲーマーの勝負哲学】 『勝ち続ける意志力』梅原大吾・著 Vol.100 ランニング業界に長らくいますが、一度は優勝して注目を浴びたプロランナーがその後スランプに陥る現実を、何度も見てき …

3,368人がいいね!公式Facebookページ

“キャプテン”安藤大(あんどう ひろし)
トレイルランナーズ大阪代表
米国UESCA認定ウルトラランニングコーチ
ランニング歴25年以上
トレイルランニング歴15年以上
コーチ指導歴12年以上

日本では数少ないマラソンとトレイルランニングの両面を指導できるランニングコーチ。大阪府出身。2012年に起業、実践と科学的知見に基づいた指導は「具体的でわかりやすい」と初心者の指導に定評がある。歯に衣を着せぬストレートな物言いが評判。

自身も現役のランナーで過去15年間で100大会以上に出場をし、ランニングを通じて日本中・世界中を飛び回るという「夢」を実現し、28か国30地域のレースに出場。

2012年から『はじめてのトレイルラン』教室を開講し、1万人超が体験する人気に。山でのマナーや安全な走り方の啓蒙活動にも注力し、グループで走る楽しさを伝え続けている。

取材やイベント参加、個別ランニング指導のお問い合わせは…
050-3633-6110
info@trailrunrun.com
www.trailrunrun.com/blog
ameblo.jp/powersports(Official Blog)
facebook.com/trailrunrun(Facebook)
instagram.com/andoohiroshi(Instagram)
twitter.com/andohiroshii(Twitter)

Verified by MonsterInsights